手の第一指関節痛みをケイ素で改善できる?指関節とケイ素の関係

手の第一指関節痛みをケイ素で改善
できるのでしょうか。

指関節とケイ素の関係について。

手の指関節痛み

手の指関節痛みとしては第一関節、第二関節
どちらの関節でも痛みは発生することが
あります。

手の指の先端は体の中のでも細いほうであり、
関節も小さい。にもかかわらず手というのは
可動させたり、負荷をかけることが多い。

物を持ったり握ったり運んだり、仕事をする、
家事をする、体を支える、運動をする等、
知らずに手や指およびその関節を酷使している。

日常的な手の指の関節痛み

日常的なことでも手の指の関節痛みは発生します。

現代人で気を付けるべきはスマートフォンや
パソコンの操作でしょう。
スマホ画面のタップをはじめ、マウスのクリックは、
ダイレクトに指関節だけを繰り返し動かしている。
とにかく手や指先を酷使しています。
適度に休憩を取ったり長時間使用しないように
意識したい。

運動では突き指、脱臼などが起こります。
バスケットボール、柔道などが代表的。

楽器の演奏でも指先を酷使しています。
ピアノ、キーボードなど鍵盤楽器、
ギター、ベース、バイオリンなど弦楽器では
長時間の練習や難易度の高い奏法、
指関節を無理な角度に曲げるような動きには
特に注意したい。

それでもこういったことに起因する指関節の痛みは
それなりに原因も明らかですし、
自ら意識して気を付ければよろしい。

関節リウマチ

関節リウマチは関節部分に自己免疫疾患が起き、
関節にある滑膜が厚くなり、それが進行しますと
靭帯や軟骨を破壊し、やがて骨そのものも
破壊してしまう病気。

免疫異常なのでやがて全身に転移していくこともあり、
その初期の発症が上半身、特に細かい関節で起こりやすい。

指関節はまさに関節リウマチの始まりということ
もありえますので、安易に放置せず医師の診断を受け、
検査で判定してみる必要があります。

原因不明の指関節の痛み

手の指の第一関節が原因不明に曲がってしまう病気が
へバーデン結節と呼ばれています。
特徴としては第一関節部分が腫れたり、水が溜まったり、
炎症が起きたり、おかしな角度に指関節が変形してしまう。

これが第二関節に起こるとブシャール結節という。

キャシー中島がヘバーデン結節で指の病気に悩む。エクオールでヘバーデン結節が治る?

遺伝的な先天性の可能性もありますが、
後天的には重い荷物を運ぶような重作業の連続や
手作業など指関節を酷使、運動選手であったり、
指関節に負担が多いのも要因になりえます。

実際は中高年以降に多く発症しやすい症状であり、
更年期が関係しているという指摘については、
女性ホルモンのエストロゲンの減少から
滑膜や関節液が衰えることに関係している可能性もあり、
更年期と指関節痛の因果関係は否定できません。

およそ原因不明のため対処や治療が困難ですが、
まずは整形外科など医師の診察を受け相談すること。

へバーデン結節はケイ素を摂取すると改善できるのか?

ブシャール結節はケイ素を摂取すると改善できるのか?

ケイ素

ケイ素は人間に必須のミネラルであり、
二酸化ケイ素はシリカという名称。

地球上の岩石や土砂など鉱物由来の成分で
非水溶性ですが、人間の体内にあるのは水溶性ケイ素。

必要不可欠のなくてはならない栄養素なので、
毎日の食べ物から摂取しています。

人体において内臓、血管、歯、爪、髪の毛、
皮膚、骨などあらゆる場所にケイ素がある。

ケイ素の効果効能とコラーゲン

ケイ素の主な効果効能としてコラーゲンを
束ねて強くする役割がある。

コラーゲンは細胞分裂を活性化させ、
瑞々しさなど水分を保有するものですので、
美容分野で聞いたことがあるのではないでしょうか。
皮膚が美肌になるとか、爪や髪が丈夫になる。

軟骨とコラーゲンは密接な関係にあります。
しなやかで柔らかい軟骨を維持しているのは
コラーゲンなのですから。

関節痛の原因は軟骨がすり減って骨と骨が擦れる
ことにあります。
ケイ素自体にも骨を強くする作用がある
とされていますから、ケイ素の摂取を強化することで
コラーゲンを強くし関節痛を緩和あるいは改善する
ことが期待できます。

手の第一指関節痛みをケイ素で改善できる?

手の第一指関節の痛みをケイ素で改善できる
かどうかについては、それが指第二関節の痛み
であっても、難しい。

既に症状があって明らかな痛みがあれば、
何らかの対症療法や原因療法をしなければ治りません。
ましてや原因不明の指関節痛ならなおさら。

しかしケイ素の効能効果は他にも多く、
抗酸化作用、生命を正常に保つ恒常化、
アンチエイジング、殺菌滅菌、血管再生
などが挙げられています。

初期の指関節の痛みなら緩和できるかもしれませんし、
指関節を痛めないような予防策として
ケイ素は有効かもしれません。

水溶性ケイ素ドリンク、ケイ素サプリ

ケイ素は普段のお食事からとっていますが、
食材ごとの含有量が極めて少ない。

高齢になりますと代謝が落ち、ケイ素の摂取量、保有量
が減ってきます。40歳頃の中年から注意が必要。

濃縮ケイ素水、水溶性ケイ素水ドリンク、
ケイ素サプリメントなどが市販されていますから、
上手に活用できれば体内ケイ素量を増やすことができます。

濃縮ケイ素水ならお茶やコーヒーに数滴
垂らすだけ、水溶性ケイ素水ならドリンクとして飲むだけ。
味はしませんから、取るのは簡単。

医療の進んだドイツ、アメリカではケイ素のサプリメントは
常備薬のように扱われています。
ただ、水溶性のケイ素水のほうが吸収効率はよいですね。

指関節の痛みを改善するため、または予防策として
関節を強くするため、健康維持のため、
濃縮ケイ素水、水溶性ケイ素ドリンクをお試しになっては
いかがでしょうか。

※関節痛に効くシリカ水を探す
【関節痛】市販のシリカ水人気ランキング┃骨・軟骨への効果

関連記事

コーヒーの飲み過ぎで関節痛になる?カフェインの取り過ぎ注意
指関節の痛みにグルコサミンのサプリメントの効果。指へは効果なし?
指の関節痛にコンドロイチンのサプリメントは効果ある?効果ない?
指の関節痛にヒアルロン酸のサプリメントは効果ある?効果ない?
プロテオグリカンのサプリは指の関節痛に効果ある?効果ない?軟骨強化の効能
手足の指の関節の痛みや変形性関節痛にプロテウォークのプロテオグリカンは効果あるか