ケイ素の効果効能とは?シリカでコラーゲン結束・抗酸化作用・抗炎症作用

ケイ素(珪素)には様々な効果効能があるとされ、
かなり古くから活用されてきました。

世界的な医学の見地からも研究が進んでおり、
人間にとっても重要な成分のひとつだとされる。

ケイ素(シリカ)の効果効能について解説いたします。

ケイ素の効果効能と関節痛の関係。骨や軟骨にはシリカ効果ない?

シリカとケイ素

ケイ素はミネラル成分で元素記号は Si。

自然界の岩・石・土・砂・水などにも含有され、
地球上でこれほど多く存在する成分もないとされます。

通常は二酸化ケイ素の状態で存在しており、
元素記号で言えば二酸化ケイ素(SiO2)であり、
二酸化ケイ素はシリカと呼ばれます。

シリカ水という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、
これはケイ素水、ケイ素を多く含んだ水ということになります。

ケイ素と人体の関係

人間の体内にある内臓・血管および皮膚や爪、歯、髪など、
全身にわたって体に存在するケイ素は亜鉛と同じくミネラル成分であり、
同じミネラルでも、これだけ全身に存在する成分はありません。

岩や土などにあるのは鉱物の非水溶性ケイ素であり人間が摂るものではない。
食べても消化吸収できませんし意味がない。

人体にあるのは水溶性ケイ素であり、なくてはならない必須ミネラル。

効果効能から考えましても必要不可欠な成分ということを示しています。
水晶シリカ

ケイ素(シリカ)の効果効能

ケイ素(シリカ)の効果効能としてはコラーゲンを結束させる、
抗酸化作用、デトックス、アンチエイジング、抗炎症作用、
骨密度向上、殺菌滅菌、血管の生成再生、血糖値の安定化、
血圧の安定化、内臓や器官の恒常化正常化機能など
多くの作用があると言われています。

これらの作用がケイ素にあるとするならば、
以下のようにも考えられます。

繊維状になっているコラーゲンを結び付けていく。

錆びついた内臓や血管をよくする。

老廃物を体外に排出する。

若返る、肌、血管、内臓、骨、軟骨がよくなる。

炎症が治まる。

骨密度が上がる、骨が強くなる

有害な菌、細菌をなくしていく。

血管や毛細血管が生成、再生される。

高血糖から血糖値が下がる、適切な血糖値になる。

高血圧から血圧が下がる。適切な血圧になる。

内臓および体の調子がよくなる。

効果効能の実感には個人差もありますし、ケイ素の働きはまだ完全には解明されていない
部分もありますので、絶対に上記のような効果効能が発揮されるとは言いきれないものの、
こういった作用が挙げられているのも事実なのです。

ケイ素で軟骨がよくなり関節痛の改善へ

では、ケイ素は関節痛に対してどのような効果効能を
発揮してくれるでしょうか。

ケイ素の働きは主に成分を束ねる、結束させること。
コラーゲンは軟骨や皮膚で繊維状になっており、その中に
保水性を持つヒアルロン酸が水分とともに存在する。
これでお肌や軟骨を柔らかく保っています。

このことからケイ素でコラーゲンやヒアルロン酸が増え
強く結束するので、軟骨が強く柔軟になっていく。
これにより関節部分での弾力性やクッション性がよくなる。

また、ケイ素はコンドロイチンの構成をも促進しているという説も。
コンドロイチンは軟骨の主成分プロテオグリカンの中の成分ですから、
この点も関節痛対策にはよい。

関節痛の痛みの多くが軟骨が弱くなったり、すり減ることが原因になっている
ことからしても、ケイ素を摂取しておくことで、
関節痛を予防、緩和、治癒、改善していくことにつながると期待できます。

ケイ素は副作用がないから関節痛の治療によい?予防や改善にシリカを

骨密度が上がれば骨粗しょう症対策にもなりますが、骨が強いということは
折れにくく曲がりにくくなるわけですから、軟骨で支えきれなくなった負担を
骨が受け止めて変形してしまう変形性関節症の予防にもなりえる。

それ以外にも抗酸化作用や血管再生で血行がよくなりますから、
関節痛から併発しがちな神経痛や筋肉痛も緩和される可能性がありますし、
抗炎症作用から関節炎が和らぐかもしれません。

総合的に考えまして、関節痛・神経痛・筋肉痛・関節炎にお悩みの方が
ケイ素(シリカ)補給を強化していくことは、少なからず何らかの意味がある
ことだと言えそうです。

ケイ素のサプリメントやドリンクを

ケイ素は必須のミネラルでありながら体内合成できません。
自分自身で作り出せない以上、食べ物から直接取るしかない。

実際には一定量のケイ素をお食事から取れているわけですが、
加齢要因で代謝が悪くなり、ケイ素の体内保有量は減っていくことがわかっています。
高齢者や中年以降の年齢では要注意。

海外では食べ物以外に、ケイ素をサプリメントや水溶性シリカ水ドリンク
つまりケイ素水で補給することが日常的に行われています。

ケイ素で関節痛を治す。シリカ水の効果でコラーゲンを促進し軟骨強化

人間のあらゆる臓器・器官に存在するほどナチュラルで安全な成分なので、
過剰摂取や副作用を心配することはありません。
同時にデトックス作用もありますから万が一多く取り過ぎてしまっても
やがて体外排出も行われます、ご安心ください。

関節痛にお悩みであれば、少しづつでも軟骨を強くしていくことが必須。
軟骨の厚みから弾力性が生まれ、関節におけるクッションとなるわけですから。

ケイ素はお薬ではありませんので急激に回復や改善を図ることは難しいですが、
関節痛の予防だけでなく、神経痛や関節炎を和らげるためにも
ケイ素サプリメントやケイ素ドリンク(シリカ水)を飲んでみてはいかがでしょうか。
健康と美容の観点からもおすすめします。

高濃度濃縮ケイ素液・水溶性ケイ素水ドリンク(シリカ水)比較おすすめ

【関節痛】市販のシリカ水人気ランキング┃骨・軟骨への効果

関連記事

関節リウマチ治療としてケイ素は効く?よいの?
関節痛をケイ素で改善できるのか。関節の痛み予防と緩和改善にシリカ水やケイ素サプリメントを活用する方法
ケイ素水溶液の効能から関節痛をケイ素水で改善できるかを考える
ケイ素水で関節痛を改善するためシリカ水の水溶性ケイ素ドリンクを飲む
ケイ素で関節痛や骨の痛みが消えるか?骨密度を上げるならカルシウムよりシリカを